短歌に出会う


さて、短歌が何かわかったところで、さっそくいろいろな短歌を読んでいきたいと思います。
短歌が収められている本は「歌集」と呼ばれます。
しかし、普通の本屋さんに売っている歌集は、とても少ないのです。
文庫になっているものだと、穂村弘『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』(小学館文庫)や、 加藤 千恵『ハッピー☆アイスクリーム 』(集英社文庫)などがあります。
(雑誌「ダ・ヴィンチ」に載っている穂村弘さんの連載「短歌ください」もおすすめです。)

が、しかし!! 少ない!!!!
売り場の1%にも満たないのです。
大きい本屋さんには歌集のコーナーがあるところもありますが、
最低でも一冊1,500円くらいします。

これは、すこし手が出しずらい値段かもしれません。

という訳で、超主観的に、できるだけ「お金がかからないこと」そして「手軽さ」を重視した短歌との出会い方を紹介していきたいと思います。
この出会い方がよい、とか、段階を踏んだほうがよいというわけではありません。
短歌への出会い方は人それぞれだと思います。
どの歌集もやっぱりその人の集大成で、読み応えがあるんですよ。
でも値段とか、そういうことが足かせになって、短歌に出会えないよりはいいかなぁ、と思います。
もし自分の知らない方法があったら、ラッキーくらいの気持ちで見ていただけたら嬉しいです。

図書館へ行く

本が高いなら図書館へ行けばいいのです。
短歌の歌集は詩歌コーナーにまとめて置いてある場合が多いです。
ぺらぺら捲って、好きな歌が載っている本があったら借りてみましょう。
読みたい本が無ければ、購入希望を出してみましょう。
また、雑誌コーナーに置いてある「角川短歌」や「短歌研究」「歌壇」「NHK短歌」なども要チェックです!


テレビで見る


現在放映されている短歌のテレビ番組には「NHK短歌」(「 短歌de胸キュン」)があります。
テレビは見ているだけで情報が入ってくるので、短歌をどのように作ればいいのか、どのように批評したらいいかの雰囲気をつかむのに良いと思います。
どちらも視聴者投稿型の番組ですので、がんがん投稿してみましょう。
毎週歌人の方が選者をつとめています。
第四日曜日放映分は「短歌de胸キュン」という恋愛にスポットを当てた番組となっています。

放映時間は
Eテレ日曜日午前6:00~午前6:25
   火曜日午後3:00~午後3:25です。
詳しくはHPでチェックしてみてくださいね。


インターネットで出会う


インターネットはすごいです。 なんてったって無料、そしてネット環境があればどこからでもアクセスできます。

中でも短歌の情報が流れてきやすいTwitterについて紹介します。
Twitterのアカウントを持っていなくても、Twitter自体は見られるので大丈夫ですよ。

Twitterで短歌と出会う方法は二種類あります。
botをフォローすることと、短歌関連のアカウントをフォローすることです。

botをフォローする


bot(ボット)とは、「あらかじめ登録された文章を自動的に呟くアカウント」のことです。
つまり「明石家さんまbot」というアカウントは"明石家さんまさん本人の呟きを呟くアカウント"ではなく、"だれか有志が登録した明石家さんまさんの発言を呟くアカウント"ということです。

有志によって作成されている短歌のbotはたくさんあります。


(短歌bot) @tanka__bot
現代短歌bot @gendai_tanka
食器と食パンとペン @syokupantopen
サイレンと犀 @silentsigh1412
短歌のbot @tankano_bot
夜空の短歌bot @yozoratanka_bot
永井陽子bot @yoko_nagai_bot
野口あや子短歌bot @ayakonoguchibot
田丸まひる短歌bot @mahirubot
笹井宏之(筒井宏之)bot @sasaibot
寺山修司bot @terayama_bot
ハルbot @kmhr_bot


ぼんやり眺めているうちに、なんとなく、自分の好きな短歌の傾向や歌人がわかってくると思います。


ネットプリントやリトルプレスを入手する

(~500円)

次は、紙媒体です。
ネットに比べてすこしだけお金がかかりますが、やっぱり手元に残せる形は良いです。
ところでみなさんはネットプリントってご存知でしょうか。

ネットプリント (以下ネプリ)とは、セブンイレブン他コンビニのコピー機に特定の番号を入れると、プリントしたいものが出てくるサービスです。
詳しく説明すると、①プリントしたいネットプリントを探す(Twitterで「短歌 ネプリ」で検索すればたくさん出てきます)→②書いてある番号をメモする→③セブンイレブンのコピー機に入力する→④出てくる
むずかしく見えて超簡単です。

とりあえず「文芸ネットプリントさん @netprint_bungei」をチェックして、短歌に限らずなにかネプリを出してみましょう。
短歌に限らず、ブックカバーや、俳句や詩など文芸を中心にネプリ情報を配信してくれます。便利!

ネプリの良いところは、コンビニへ行けばプリントできることと、料金が安いことです。(ほとんどが100円以下)

ネットプリントは、定期的に配信されている方がすくないので、紹介するのは難しいのですが、ひとつだけ。

ぺんぎんぱんつ@penginpantsu
しんくわさんと田丸まひるさんによる短歌ユニットです。定期的に「ぺんぎんぱんつ」というネプリを発行されています。


リトルプレス


続いて リトルプレスです。
1枚片面印刷から、数十ページまでの小冊子というイメージでお願いします。
フリーペーパーなどもここに含みます。
リトルプレスでは製作者側は気軽に、自由な内容で作成することができて、読者側はそれを気軽に手に取ることが出来ます。
単発的に作られるものが多く、内容や装丁も製作者によってさまざまです。

短歌関連で、定期的に発行されているものを紹介します。

「うたらば」@utalover0円
田中ましろ@tnkmsrさんによるフリーペーパーです。
短歌×写真がテーマになっていて、目にあざやかです。
短歌だけだとちょっとむずかしい、という方にもオススメです。
全国各地の本屋さんに置いている他、バックナンバーをホームページにて全編無料公開しています。
年三回の不定期発行です。


「うたつかい」@utatsukai 100円
嶋田さくらこ@sakrako0304さんを中心に発行されているリトルプレスです。
百人以上が参加している(!)すごい冊子です。
五首連作や、テーマ詠、相聞歌、てがき短歌などさまざまです。
参加者オススメの歌集や短歌教室も載っています。これで100円なんてびっくり。
バックナンバーはホームページから通販できます。
一冊注文した場合、一冊100円+送料100円で、200円で購入できます。
季刊(年4冊)発行です。


短歌の雑誌を読んでみる

「歌集一冊読み切れるかなぁ」とか「最初から長いときついかも」という方は、本屋さんの雑誌コーナーへ行ってみましょう。
一般書店にも置いている主な短歌の雑誌は以下です。
書店によっては置いていないところも多いです。
その場合は置いてある書店を探すか、図書館に行くと置いてある場合があります。
なぜ雑誌をオススメするかというと、5-10首連作など比較的短く完結した作品がたくさん載っている他、エッセイや解説など、短歌へのとっかかりがたくさん詰まっているからです。
全部読む必要はまったくなくて、読みやすいページをぱらぱら読んでみてください。

・「NHK短歌」 (NHK出版)
・「歌壇」 (本阿弥書店)
・「短歌」 (角川学芸出版)
・「短歌研究」 (短歌研究社)
・「ダ・ヴィンチ」


歌集に出会う



たくさん歌集が置いているお店へ行けば、きっとお気に入りの一冊に出会えるはず。
個人経営のセレクトショップや、歌集の取り揃えが充実している一般書店を紹介します。
関東の人にはすみません、紹介文は関西のお店のみになります。


<関西>
・葉ね文庫
歌集・句集・詩集の新本をあつかう他、古本も売っています。
短歌の同人誌や、リトルプレスも多数。
壁にはいままでここを訪れた、歌人・俳人の書き残した短冊がずらり。
まさに短歌に出会いたい人にうってつけのお店です。
ぜひ、行ってください。

場所:大阪府大阪市北区中崎西1-6-36 サクラビル1F
営業日:火・木・金:19時~21時30分
        土:11時~21時30分
HP:http://hanebunko.com/
Twitter:@tobiyaman


・三月書房
お店の奥、レジの右側に並ぶ歌集、歌集、歌集……。
天井近くまでぎっしりです。昔ものから新しいものまで取り揃えてあります。
また、新本の歌集以外にも、おもしろい中古漫画や中古本も置いています。

場所:京都市中京区寺町通二条上ル西側
営業日:平日:11時~19時(火曜・定休)
    日祝休日:12時~18時
HP:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sangatu/


・書肆スウィートヒアアフター
ぽあっと落ち着く色彩の店内で、落ち着いてずっと本を読んでいたくなります。
店長の宮崎さんは神戸大学短歌会に所属されているため、学生短歌や、同人誌の品ぞろえも充実しています。

場所:神戸市中央区海岸通4丁目3-17清和ビル26
営業時間:15:00-20:00 (不定休) 
   HP:http://sweethereafter.web.fc2.com/
Twitter:@bookssweet


・丸善京都本店
場所:京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL 地下1階・2階
営業時間:11:00~21:00
<関東> ・かもめブックス
HP:http://kamomebooks.jp
Twitter:@kamome_books
場所:東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル1階
営業日:月曜日~土曜日 10:00 ~ 22:00
    日曜日     11:00 ~ 20:00


・けやき書店
HP:http://keyaki.jimbou.net/catalog/index.php
Twitter:@keyaki_shoten
場所:千代田区神田神保町1-9ハヤオビル6階
営業時間:11:00-19:00
定休日:日曜・祝祭日


・ジュンク堂書店池袋本店
場所:東京都豊島区南池袋2-15-5
営業時間:月~土10:00-23:00 
     日・祝10:00-22:00


・紀伊国屋書店新宿本店
場所:東京都新宿区新宿3-17-7
営業時間 : 10:00?21:00


・紀伊国屋書店新宿南店
場所:渋谷区千駄ヶ谷5-24-2タカシマヤタイムズスクエア
営業時間 : 10:00~20:30


inserted by FC2 system